アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
何でもin!
ブログ紹介
70年代後半生まれ。電機メーカの工場で働いています。
日記中心でたまに車とパソコンや携帯とかをいじってます。

お品書き
パソコン
 Windowsパソコン、周辺機器、
インターネットについて書いてます。
仕事
 仕事の雑記とか。技術系は書かないでしょう。

 旅行と出張時の一コマです。
たわいのない実験
 てきとーにやった実験報告です。
 How toになっている場合もあります。
モバイル
 携帯電話、PDA、外出時のネタです。
ネタの箱
 技術系など適当に入れています。
 内容は100%信じないように。
どうでもいい話
 街などで見つけた、ヘンなものです。
 頭の隅っこに残っている名言・迷言もたまに・・・
 

 アフィリエイトや広告等、記事との関連がないと判断したトラックバック・コメントは削除します。ただし時々ネタにしたりIPアドレスを添えて公開することもあります。その辺のことも考えて投稿しましょう。
 現在、投稿されたコメント・トラックバックをすべて保留してから公開しております。
zoom RSS

うた魂(たま)♪観てきました

2008/04/07 01:10
 寝食をすっぽかし初音ミクに漬かり込んで中毒気味。歌に関係するということで観に行くことにしました。学校の合唱と歌謡曲は違うけど、何かミクに上手に歌わせるヒントがあれば良いなと。


 概要は公式HPのFlashの中にある"作品情報"で見てもらえばいいとして
http://www.utatama.com/
 見事な合唱で中毒も抜けました。でも学校の合唱曲に尾崎豊を持ってくるのはズルいような・・・今は違うのかもしれませんが、私の時は歌謡曲は無かったです。

 ミクの歌の調整は上手くいかないし、ニコニコ動画にアップロードしても再生数は伸びないし、気分がモヤモヤしていた所で、
「表現することにビビッているようなヤツに、負ける気がしねえ!」
「I am FULL TEEN!」(劇中のそれは、ちょっと発音が違います・・・)

 この台詞が私の心に突き刺さってきました。自分の思うようにやり切れ、他人の評価など見ようとするなと。

 替え歌でもコピーにしても、ミクに歌わせるにはかなりのエネルギーが要ります。やる気がないと、ミクの声もやる気無さげです。やるなら全力で思いっきり・・・趣味はやる気が出なければやらなくても誰にも言われないけど、やる気が無くても毎日しなければならない仕事は意外に怖いものではないかと考えさせられます。

 ミクは、今まで通りやりたいと思った曲だけやることにします。最近のミクは踊るようにもなりましたが、私は歌に集中します。


 歌うことが大嫌いな私、子供の頃に3つくらい上のいとこの前で歌わされて下手くそと笑われたのが元で、音楽そのものにコンプレックスを持ち始めたんだと思います。音楽の時間で一人で歌わせさせられたり演奏させられるのは本当に嫌で、20年以上引っ張ってきました。

 今はデータを手に入れてくればその通り歌ってくれる初音ミクにご執心。ベタ打ちで変な音程・音量の声が出ていても、私の録音した歌よりずっと巧いです。机上でミクに打ち込むだけにとどまらず、いかにパラメータを変えて歌声に感情を持たせられるか、自分で歌いながら考えています。この作業、結構楽しいです。

 ボーカロイドで音楽コンプレックスが治るというのも変な話ですが、私も人並みに音楽楽しみたかったのかな・・・

 やっぱり、音楽というか芸術系の授業のやり方、考え直した方が良いですよ。
 表現したものを批評されることは怖いから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年が明けましたね

2008/01/04 18:32
 新年が無事明けました。1ヶ月近く記事を書かなった理由は後で書くとして、帰省しています。

 車とブロードバンドと自分のパソコンが使えない不自由な代わりに秋葉原と親兄妹がいる環境で、大きな気分転換になっています。ガソリンの高騰で外に出掛けずに家で過ごす事が多かっせいで、かなり気分が淀んでいました。寝正月と上野のデパート巡りに音を上げて秋葉原に逃亡したくらいですね。あ、年末は友人を道連れにして、初めてのコミケに行ってました。

 今年やってみたいことは・・・
  • 夜は早く寝る
     遅刻(寸前)は色々とマイナスです。寝起きの自分を立ち上げてから仕事にかかった方がより安全というものです。あと、一日を通してのやる気にも響きます。
  • 英語の勉強を進める
     当初の動機は消滅してしまいましたが、今年の仕事でマニュアルを読み解くことが必要になっていきます。
  • 今やっている仕事を深く掘り下げてみる
     マンネリ感があって大味な仕事をしている自分に危惧を感じています。改めて、手順書や図面などのドキュメントから作業の意味と目的を考える・・・すなわち学ぶ姿勢を取り戻したいと思います。
     あと、別府地獄制覇とか初音(以下省略)とかじょ(以下)とかありますが、気分転換は大事ですね。
  • 記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    萌えで英語は覚えられるか?

    2007/11/26 01:54
     以前TVで紹介された、英語学習グッズ「もえたん」。日経系の番組でビジネスとして紹介されていましたが、これは世界で使えるかどうかはともかくエキセントリックでした・・・

    画像

     先々週のホームステイの帰りに秋葉原に寄った時に見つけて、2つ買ってきました。これを英会話スクールに持っていくと、他の生徒達はこれを見て私が帰ってきたのがわかったそうです。何でなんでしょうね。そこで私も初めて「もえたん」の中身を見ましたが、英単語を覚えるにもアキバ文化を覚えるにも、使えるような使えないようなネタ成分たっぷりなモノでした。

     お菓子の包みに単語の問題があり、これに合う単語カードに意味と例文が書いてあります。しかしよく見ると、単語を追わなくてもどの単語カードを選べば良いかわかるようになっています。あと、例文はアキバ(つか2次元オタク)テイストになっていて、「俺の嫁です」とか・・・
     中身はうなぎパイそっくりで、さすが真夜中のおやつ。どこまでもネタが詰まっています。
     入っている単語カードは全10種中5つで、スクールで見たものと今自宅で開けたものとで同じでした。ロットか梱包ごとに変わるのでしょう。この組み合わせが違うというのも、全て揃えたいという(以下省略)。

    右下のオビに書いてあった例文
    This maid coffee shop is definitly on my usual route!
    で、メイド喫茶を"maid coffee shop"と書いていたのが気になりました。"maid cafe"だったと思うのですが、検索するとどちらでもかかります。手元に辞書が無いので"cofee shop"と"cafe"のどっちが海外でよく使われるのかは調べられません。


     実に完成度の高いB級お土産「もえたん」。秋葉原に旅行に行く際は、英語とオタクの勉強に一箱どうぞ。
     あと、このキャラクターが登場する電子辞書ソフトがあるようです。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    築城基地航空祭

    2007/11/26 01:05
     3連休は金曜日は出勤して、土曜日は近くの自衛隊による航空祭を見に行ってきました。

     去年はあいにくの雨で飛行機が飛ぶパフォーマンス(以降向こうの言い方に合わせて「展示」)がほとんど見られませんでしたが、この日は申し分ない快晴。人の入りはすごくて去年の3倍くらいか・・・広大な基地が人で埋まっていました。

     飛行展示はスケジュール通り進んでいきました。最新のハイテクを駆使しているというF-2戦闘機の、離陸直後に垂直上昇したり目の前を駆け抜けていく速度と後から追いかけてくるエンジンの音はすごかったですね。私としては、他の機では欠かせないというエンジン点火後の離陸前点検を省略して、直ぐに発進できることです。私が関わる印刷機や生産設備は、稼動する前に空運転確認を必ず行っていますからね。

     その他の展示は、去年と同じものもあれば新しく追加されたものも。面白かったのは戦闘機の作動展示。整備倉庫内で固定されたF-15の各部を動かしながら、離陸から着陸までの動きのデモンストレーションを行うというもの。エンジンは運転できないので、倉庫にあるオイルコンプレッサで油圧を引き込んで動かしていました。なかなか遊び心があります。
    画像


     最後のプログラム、ブルーインパルスの飛行展示。基地職員の友人や来場客から頻繁に聞くこの名前。私は知らなかったのですが、航空自衛隊の誇る展示飛行専門部隊でした。4機と2機で発進から帰還まで一糸乱れぬ連携には驚くばかりでした。
    画像
    編隊を崩さずに美しい軌跡を残して旋回


    画像
    着陸して整備員達の前に戻ってくるところ。エンジンを切るまでいっしょ。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    もう壊してしましました

    2007/11/23 23:23
     新しくなった会社のパソコン、私のが出張修理第一号となりました。他人のを直したことは書いてますが、自分のも結構壊しています。


     症状は何のことは無いはず・・・"F10"キーのパンダグラフを受ける爪が折れていて、はめ直してもまた外れます。前もEnterキーを爪に引っ掛けて外してキーボード交換になったのですが、今回は使用4日目に気付いて爪を引っ掛けた記憶は無い・・・初期不良ということにさせて下さい!!


     前日に職場の庶務さんに症状を伝えてサポートと連絡を取ってもらうと「バックアップを取っておけ」と。お決まりです。

     今日の朝に来ると聞いていた修理屋さん。すごく見慣れた人なのですが、やはりその人でした(PCメーカでなく、全く別の修理業の人のようです)。私も状況を伝えて、修理にかかってもらいました。結局今回は初期不良ということでキーボード交換。ノートPCの場合、キートップ交換では完全に直せないそうです。先日新人のCD-ROMドライブの動作不良を確認して交換してもらうよう頼みましたが、キーボードは自分が気づかないうちにやっている可能性が否定できないので、何だか情けなくなります。

     交換後に修理屋さんがPCに内蔵されている自己診断プログラムを走らせた後、キーボード動作確認をするよう言われたので、慌てて全キーの動作確認を行いました。無事問題なくキー動作を確認できたので、気になっていたことをたずねてみました。今まで数回MBR破損に出くわして上書き修理を行ってきたが、この事例は多いかと。修理屋さんいわく、結構多くて、起動時(だけ?)に毎回読む場所なので、途中で電源断を行うと発生するらしいです。

     修理屋さんがしていた、隠しパーティションに入っている自己診断プログラムの説明をすんなり聞いている私に、庶務さんからどこかの学校で覚えてきたのかと驚嘆されました。ゲームとパソコン通信で覚えたと答えましたが、他は雑誌を読んだり自分でPCの中身を覗いたり壊したりしていじり倒すことでしょうか。学校では有名ソフトの使い方は教えてくれると思いますが、この辺は多分教えてくれないです。今まで通りPCが壊れたときは、手が空いたときに診ましょう。


     昨晩にようやくHDDの構造がわかって、MBRとブートセクタのコピーが取れました。パーティションの基本領域と拡張領域で先頭セクタの内容が違うことに気付くのに時間がかかりました。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    ALWAYS 続・三丁目の夕日

    2007/11/22 00:29
     前回を見ているともっと面白いです。最初は前作の旧い昭和の話を根底から覆すのかと・・・その後も沢山の話をつないでいるようで、いろいろな意味で派手になっています。それでもゴチャゴチャし過ぎないで一本の話に収束させていて、まとめ上手です。前作ではほぼ無敵だった鈴木オートの主人の弱点が見られます。

     六ちゃんきれいすぎ。始終気になって彼女の顔ばっかり見ていました。結局一平君は「でりかしい」の意味は解かったのでしょうか・・・。昭和の風景描写よりも戦争が残す重い影や恋愛事情などストーリーが多くて、お決まりな喜劇で終わるのはお約束です。あえて雰囲気まで壊すような展開にする必要も無いと思うので、これで良いと思います。

     原作タイトルには無い"Always"は、「いつもそこに夕日があった」いう意味合いでしょうか。
    記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


    ろくなことがない

    2007/11/20 23:44
     朝早めに目が覚めて、珍しく色々やって充実した出勤だったのですが、帰りは自転車に引かれそうになるし車から意味も無くクラクション鳴らされて気分最悪で帰宅。良い事のある分悪い事があるようです。


     愚痴が続きます。先週から始まった会社のパソコン更新がほぼ終わりました。当初は仕事が手すきだった私が率先してサポートに回っていたせいか、これはちょっとと思うような事で声を掛けられるようになってきました。手持ちの仕事を優先して後で一般的回答で応対しています。私はパソコンオタクが幾らか入っていますが、ITサポートメンバーではありません。使ったことの無いソフトのことはわかりません。
     今回追加された新機能のせいで、トラブルが起こったときの対処が困難になることに気が付いた人がいました。この人はPCに特別詳しくはないのですが、これが「聡明さ」なのでしょうか。私は今、KNOPPIXで何とかしようと画策中。HDDのデータ構造を良く理解できないのとddコマンドを使いこなせないことに悩んでいます。それでも、私はITサポートメンバーではありません。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    生活パターンが直りません。

    2007/11/15 07:08
     今は木曜日の早朝ですが、記事は水曜日です。
     今日も会社で自分のパソコン入れ替えと他の人のサポート。自分の仕事はというと、部材不足で待ち。日程がきつくなっていくのがわかります。代替品で試験をしようかと考えています。


     自分のパソコンのソフトインストールは30近くあり半日以上かかっていました。その間、他の人のデータ移動のサポートに回ります。LAN上に多量のデータが流れるのを避けるべく、HDD接続キットを持ち回って旧パソコンのHDDを取り出して新しいのに直結してデータ転送してもらいます。私の場合、HDDを外してから8.7GB転送して元に戻すまで1時間でしたね。
     私もそうでしたが他の人も、今日も仕事になりませんでした。大行事です。

     明日は、そうも言っていられないので自分の仕事します。絶対です。HDD接続キットは何回か実演しているから使い方解かるはずだし。

     この前のサンフランシスコのクラスメート向けに英文メールを書いてみたが自信なし。先生に見てもらってから出すことにしましょう。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    いもうと喫茶

    2007/11/15 06:41
     周りの人からはツンデレ喫茶として知られている、秋葉原の妹喫茶"NAGOMI"に行ってみました。


     入ると「お帰りお兄ちゃん。たばこは吸うの?」と聞かれて、しどろもどろに吸わないと答えると「じゃ、こっち」と外が見えるカウンターに通されました。いきなりのタメ口に虚を突かれてから、ここでは彼女は私から見て"妹"になるからタメ口になるのかと理解するのに20秒。メイド喫茶とはまた勝手が違いますが、覚えればきっと何の事は無いのでしょう。

     オーダー取る時も、彼女達"妹"はタメ口。元気というか勝ち気な妹みたいな振る舞い方をしていますが、ただ元気に振る舞っているだけで生意気さは無いので"ツン"とは違うようです。あと"デレ"も出るまでずっと無かったです。誰だ・・・ここをツンデレ喫茶と言い出したのは?
     取りあえず私にとって彼女達は妹でおかしくない年齢差だし、ここはそういう所ということで、一応丁寧なタメ口でほんのわずかだけ会話しました。

     店の中は緑基調で妹達が着ている服も緑。妙なところで和風の"和み"を追求しています。店内の曲は妹達が頻繁にCDを入れ替えて流して、普通の喫茶店ぽい雰囲気をキープしています。
     あちこちに貼られているイベントチラシには、
    ○×イベント やる
     なるほど、少しだけツンが入っている。

     昨日書いた通り、新幹線や航空券のチケットを提示して2000円以上の飲食をするとチェキがもらえるということで、航空券のチケットを出して、2000円分の昼食と食後のデザートをとりました。書いてみて気が付きましたが、普通では考えられない金額ですね。妹の方も金額が合うようにオーダーを計算してくれてちょうど2000円。めでたくチェキを撮ってもらいました。チェキは撮って数分しないと画像が出ないんですね。ほんとに撮ってもらっただけなので、あとで自分で日付を入れないと忘れてしまいます。露出がおかしくて暗かったり、光の当たり具合で所々が白飛びするのも、味というものです。


     メイド喫茶などではメイドや執事のロールプレイ(なりきり?)が一応成立しているし、妹というシチュエーションが好きな人なら、こういうロールプレイもありでしょうか。往々にしてこの手のサブカルを面白おかしく報道することしか考えていないテレビは、絶対アテにしてはいけません。年末の番組で、罰ゲームとして店の前で「妹が好きだー」と絶叫することはありません。初音ミクは人の声が出る音声合成ソフトで、楽器の一種です。歌をプログラムできること自体がすごいと思うのですが。
     2,3人でしらふで行っても大丈夫です、ハイ。
     私の妹は・・・強度のツンです。
    記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


    久々に出勤

    2007/11/14 06:58
     ホームステイが終わって初の出勤。結構きつかったです。今日は会社から貸与されているパソコンの入れ替えがありました。

     今日からだったある仕事が、図面がないため手を付けられなかったのでこっちの手伝いをすることにしました。最初の搬入、ダンボールに入った50台近くを部屋の隅に積み上げると3畳位を占領、壮観です。

     午後から始まるということで、昼食に更新手順書を読むと、旧いパソコンのデータをある容量以下に整理することと書いてあるが、新しいものに移す手順は書いていない。前から整理しろと言われていたので、私はデータの移動は誰かがやってくれるものだと思っていました。ところが、「自分でやれ」と。そういうことは期待を持たせないで早く言ってください。会社に置きっ放しにしてあるHDD接続キットを使うことにしました。あと2つあるので、会社に持って行きます。LAN回線上にバックアップ用のHDDを準備するということですが、細い回線に数十人がGB単位のデータを流したらパンクするのは目に見えています。

     講師兼上司の説明の下、私ともう一人の人が一番手として、職場の人全員に更新手順の実演説明会開始。
    ステップとしてこれくらいありますが、この2.をやりました。
    1.旧パソコンのデータ整理
    2.新パソコンの初期セットアップ
    3.データ移動
    4.必要なソフトのインストール
     初期セットアップとしてセキュリティ機能の設定と所有者情報送信、あとはメールの設定を実演説明したのですが、私は最初のセキュリティ機能の設定でハマりました。設定画面が開きませんorz 飛ばして次のステップを実行してみると、これもダメorz^2 あえなく選手交代となりましたが、その人までダメorz^3 いくらわかるからって、講師兼上司の説明無視して勝手に操作はしていません。私の引きの強さは健在です。
     結局IT部門の初期設定モレということで人が来て、全数チェック。先が思いやられます。その後で、またモレがあったというのは、お約束です。

     その後は順当に進んで実演説明会が終わり、各人の更新作業が始まります。私はあっちこっち回ってサポート。LANケーブルを引き回し、新しいセキュリティ機能の使い方を教え、遅れが出ないように見て回る・・・とりあえず、今日職場にいる人は初期セットアップはほとんど出来たと思います。
     明日はHDD接続キットを持ち回ってデータ移動のサポートと自分で使うソフトのインストールを片手間に、自宅からMeたん持ってきて仕事します。


     帰宅後、やりたいことはいろいろあるのですが、またバタンキュー。アメリカのクラスメートとホストファミリーに写真送るのと、某歌うソフトのインストールとか買ってきた衣装のチェックとか・・・初音ミク、HDDが2GBいるということですが中身はCD-ROM一枚。何とかなりそうです。土曜までに一フレーズ歌わせてみたいのですが、できるでしょうか。
     あと、携帯の電池切れたままです。昨晩iアプリを実行したまま寝てしまったのか電池が切れていましたorz 充電器は宅急便で送ってしまったので、夜までメールとか見られません。
    記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


    英語版のOSでネットする

    2007/11/12 06:01
     英語版のWindowsXPで日本語を扱っています。珍しいので少し書いてみます。ウィルスに侵されているのですが、前の滞在者がゲームをしてかららしい。他人の家のPCでネット喫茶感覚で使うのはちょっと・・・"日本語ok"のサイトが参考になります。

     機種はHPのミドルタワー XP MCEでPenD2.8GHz メモリ1GBで各種カードリーダ付。プリンタもありました。ちょっと使うくらいの人なら十分すぎる仕様。ホームステイ滞在者のためにわざわざ良い物を準備してくれたではないかと思うくらいです。

     まずYahooメールをチェック。もちろんURLは日本のもの(http://www.yahoo.co.jp)で。そうすると、ごく普通に日本語が表示されました。これには言語パックのインストール(OSの機能の一部なので無料)が必要なはずですが、すでに済んでいたようです。(Me以前では多少手順が異なるようです) あとbiglobeのメールとこのブログをチェック。以前空港では日本のページにはアクセスできなかったのですが、個人宅のPCならではありがたさです。
     ブログの投稿は事前に作った日本語版のOSで作成したテキストファイルを読ませて、そのまま貼り付け。メモ帳では文字化けするのでIEでドラッグアンドドロップして開きます。ダイアログボックスの文字は化けて読めませんが、わかっているので問題ありません。

     日本語の入力はMSのGlobalIMEをインストールすると可能になるらしいですが、AJAXIMEというwebサービスを利用しました。CGIかJAVAアプレットか何かでIMEを実現してしまうのはすごいです。辞書も変換スピードもそこそこに使えてしまいます。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    アナログPDA

    2007/11/12 06:01
     今回のアメリカ滞在は、紙のノートとカメラが役に立っています。持ってきたPDAはあまり出番がなく。


     A5の紙のノートと多色ボールペンと糊。これにメモを書き、分からないものは書いてもらい、書いてもらったメモや領収書を糊で貼りつける。自分だけでなく、他人にも気軽に書いてもらえるのがPDAに無いメリットです。あと、安いので盗られる心配も少ないし、どこで出しても珍しがられることも無いからどこでも出せる。ブログの記事書きには使えませんが。
     前に読んだ超整理法の本で、ふせん紙とノートを駆使してふせん紙のメーカーの人からペーパーコンピュータだと絶賛された人を思い出しました。ふせん紙のどこにでも貼れるメリットを活かして、ToDoリストとか思考整理に使っていたと思います。

     手元にある物だけで必死に何かしようと思わないと、ここまで満足して道具を使いきるのは難しいのではないでしょうか。


     PDAの出番は、飛行機や電車の中で書き物をする時です。テキストファイルにしておけばあとでいくらでも使えるので。トパソコンは大きすぎて出す気になれませんね。地図をダウンロードしたので、これに入れてみましたがメモリ不足で開けず。結局紙の観光マップを持ち歩くことになりました。結果としてその方が良かったです。
     紙にするほどでもない簡単な情報と、後でパソコンで再利用するものを作る時は役に立ちます。まだ、高価なおもちゃを越えた使い方はできないみたいです。


     簡単で人間に近くて使い勝手が良いのは、紙です。文字の書き方(丁寧、走り書き、思いっきり大きく○する)とか、書いた場所も情報です。
     何度も繰り返し見ないものなら電子データでも事足りるし、多量のデータを持ち歩けるし検索ができます。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    ハロウィンパーティ

    2007/11/12 06:00
     ハロウィンパーティで仮装したときのことです。写真はありませんが、女装と聞いて笑えなかったら、見ない方が良いと思います。


     以前から英会話スクールで話題になっていた(というか、私が広めていた)メイド、女性の先生がやるので私もやってみないかというお誘い。面白そうなのでやってみることにしました。もう一着着ていますが、惨憺たる結果なので書きません。

     まずはメイド服の入手から。先生が教えてくれた通販ページに行くと高目なものしか残ってない。そこで雑貨屋に行くと、ほぼ同じものが見つかりましたが、あったのはMサイズ・・・当然女性のサイズで。表を見ると、S/M/Lのほかにメンズもありました。私だけではなく、ちゃんと需要があるようです。ただ、結構値が張って、6000〜7500円、果ては12000円もします。パーティ衣装用でなくて、常に着られるものが入手できそうな価格帯です(着ていたのは当然女性でしたが)。
     店員に「大きめなサイズのメイド服が見たい」と言って、脚立を借りて探すが見つからず。かなり恥ずかしかったのですが、ここまできたら開き直りが肝心。自分の細めの身体と見比べてMサイズのメイド服を購入。着てみると、やはり体型が合わない。

     このメイド服の構造は、着る順番に並べると
    ・ワンピース。
    前にチャックが着いていて、スカートから上はボディスーツみたいです。
    ・エプロン。
    メイドと言うとすぐにイメージされる、あの白くてフリルが付いてるアレです。
    ・ペチコート。
    スカートを下から持ち上げるための、白くてごわごわしたメッシュのかたまりです。
    ・カチューシャ
    頭につけているアレです。

     まずワンピースですが、スカートからすぽっと被って着ます。引っ掛かって腕を通すのが大変。さらに服のウエストのくびれを作る部分が、肋骨にきてチャックが上がらないorz 何とか締めても、襟はさすがに締まりませんでした。そこはリボンをつけてアラ隠し。袖ボタンが締まらないのは、もうどうでも良いです。ワンピースは身体の各部にフィットするので多少サイズが合わないと・・・着れないんですね。女の子は大変です。
     エプロンは、羽織るように着るだけなので問題なし。ペチコートは会場で先生に言われるまで、表裏反対にはいていました。布状のスリップは、足とペチコートのゴワゴワの間にあるべきもので、見せるものではないようです。

     とりあえずこのメイド服が私の身体に入るのがわかったので、次は脚の毛の処理。そうなんですよね、仕事でもプライベートでも脚を出したことが無いから気にしたことも無かったのですが・・・剃らないといけないですね。
     風呂場で髪すき用の剃刀で短くした後、ヒゲ剃り用で仕上げ。30分はかかりました。自分でも気持ち悪いくらいにつるつるに。数日後、生え始めた毛がチクチク刺さるようになったり、剃刀負けでヒリヒリするようになります。白いニーソックスは手に入らなかったので、登山用の長靴下を履いてきたら、先生に生脚のほうがいいと言われて脱ぐことにしました。パンストとかブラは、とてもじゃないけど普通の店で買えませんよ。

     あと非常に目立つパーツ、胸。これも作りました、ハイ。
     2日ほどやわらかくて加工しやすい材料を探して見つけたのは、洗車用スポンジ。大きさも手ごろ。これを加工して傷みきって捨てるつもりだったTシャツに針と糸で取り付け。これだけ身に付けた姿を見られたら、変質者以外の何者でもないです。ブラがあったら・・・一体私は何を考えてるのでしょうか。

     あと、化粧とか言うのもありましたね。あの顔に粉末や固体で塗装したり拡張部品を増設したりする顔面改造。ちゃんと部材を揃えて改造してもらいました。
     ファンデーションは粉でむせるは痒くても剥げるので掻けないのがつらいです。付けまつげはすごく痒いです。マスキングできないために色付リップクリームがはみ出たのは、お約束です。変な味や香りは入れないでほしいですね。ウィッグは借りました。あと、もともとかけているメガネでメガネ属性は標準装備(ォ 無い方が良いというベタなお約束まで忠実に再現・・・もうアホかと。
     上の冗談は置いておいて、毎日毎日ファンデーションを丁寧に付けて肌の色を調整するような繊細な化粧をしてから出勤する女の子は、本当に大変だと思います。ただ適当に洗ってひげを剃るだけの私は、女の子を見る目が変わったような気がしました。


     こうして、準備は整いました。


     ハロウィンパーティ会場でこのメイド服に着替えて出ると、一気に注目を集まりました。そりゃそうです。ホラーなメイク無しでも、メイド服で女装なんて私だけだしそれで十分異色です。
     スカートは脚がスースーして気になります。でもペチコートで花みたいに拡がっているのは悪くないです。でも、履き続けるためには脚の手入れが必須で、手間がかかるんですね。(友達もそう言っていました) スカートめくりをされたらマンガのように手で抑えるリアクションをしてしまう私・・・本当に嫌ですね >スカートめくり いやその・・・先生も楽しそうにめくらないで下さい。
     私は男なので、胸にも遠慮なく触られました。なんとも無いはずですが、恥ずかしいッたらありゃしない!! 女性にそういういたずらをしようと考えている人は、絶対やめましょう。本物でなくても恥ずかしいんだから。

     せっかくのメイドなので、メイド喫茶で覚えてきたそれっぽい仕草や言葉で話していました。翌日の仕事でも、その振る舞いが残っていたようですorz。
     パーティがお開きになって、そのまま次の会場で二次会。駅前とアーケードを仮装したままで一同行進。ゴジラ、ゾンビメイクなメイド、高木ブーの雷様、ヤーさん、女装メイド・・・もうどうにでもなれって感じです。帰りはさすがに元の格好に戻って電車に乗りました。きついメイド服を脱いでファンデーションを一息に落とすと、気分もすっとします。きつい服は想像以上に身体に負担をかけて疲労が溜まります。


     女の子の服はワンピース、あるいはスカートがいいと思っている私。でも実現するためには化粧のほかに相当な努力も要ることを思い知らされたと言うことで、まじめにまとめてみます。


     で、12月用にクリスマス仕様のメイド服があるという先生、ちゃんとメンズサイズはありますかね?
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/10

    2007/11/12 05:57
     帰国の日。今日は寝坊しなかった。


     朝食を取って支度が整ったあと、全ての部屋に案内されて一緒に写真を撮った。本当に良い人達で良かった。
     昨晩荷物を片付けている時にも、ホストマザーからTシャツやスーパーで普通に売っているお菓子とピーナッツクリームをもらう。日本でもごく普通にいる、普通のおばあちゃんである。私達はホストファーザーの運転する車に乗って出発して、マザーは会計士の試験があるので途中で別れ、ファイザーに空港まで送り届けてもらった。

     チェックインを済ませて、セキュリティチェックを通る。一年前デトロイトで見たUS-VISITの端末(を持っている人)を探したが、どこにも無い。チェックインの際に出国者カードを取られていたので、そこで既に手続きが終わっていたのかもしれない。あのシステムは利用者にも係員にも手間がかかり過ぎるんだろう。

     帰りの飛行機。席毎に付いている画面がうまく動かず何度か再起動する。ペンギンが出てくるのでLinuxぽい。会社のPCリプレースに備えて、KNOPPIXを使う練習が必要なことを思い出した。

     ようやく成田空港に到着して、携帯の電波をonにするとメールが入っていたので返事を出す。そのあと、帰りの航空券を変更して秋葉原に滞在。前からほしかったソフトをさっくり入手。やはり秋葉原は違う。あと地元のが閉店してから行っていなかった、メイド喫茶にも立ち寄った。2ちゃんによると、閉店した地元の店の跡地に、別の店がオープンしたらしい。名前は・・・「おたく基地」orz 「みるくクラウン」みたいに、もう少しまともなセンスで名前をつけてくれ。良くほかの人(一般人ともいう)から、妹喫茶とか執事喫茶とかに行ったことはあるかと聞かれるが、まだない。明日あたり妹喫茶に行ってみようか。ここは遠方から来ていることがわかるもの(航空券とか新幹線の切符)を持っていると、2000円以上の飲食でチェキが撮れるそうな。この二つの条件は、"または"ではなく"かつ"である。ものすごい"ツン"だ。

     時差ぼけなのか、疲れているが大して眠くない。今は月曜日の朝6時だが一睡もしていない。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/09

    2007/11/12 05:38
     レッスン最終日。あっという間だ。3日連続で寝坊する。今日の夜9時にホストファミリーの息子が帰って来るそうだ。32歳と言っていたような気がする。あと娘は看護婦をしている。明日の朝空港まで送ってくれるようだが、フライト時間の再確認が必要だ。


     今日のレッスンは午前まで。午後はみんなで外に出てactivity class(行動+学級→校外学習)。クラスメイトとの写真を1枚でも多く撮りたい。昨日写真をプリントに出す写真を選んでいた時に気付いたが、誰も映っていない写真の多いこと。単独行が多いから当然ではあるが、ホストファミリーにあげるには少しさみしい。

     多めに出たホームワークを片付けて、わずかながら予習をしたせいか今日のレッスンは良く分かった。終わりに生徒たちの前に呼びだされてスピーチをすることに。ほんの4文をつっかえつっかえしゃべって、「みなさんと一緒にレッスンが受けられて良かった」と言おうとして"I was happy to study with my students"と言ってしまい、"おまえは先生か?"とツッコミの嵐に遭遇する。まぁ・・・私の会話能力は未だその程度だ(汗) 修了証を校長からもらい、みんなと記念写真を撮った。

     例の彼女には、餞別にはるろ剣一巻(英語版)と、デジカメプリントと英語PCで日本語を入力する方法を書いたメモを渡した。一刻後にお別れを言おうとしたら忙しかったので言いそびれたので、昼食後にカードを書いてマネージャに渡した。やるべきことが全て済んだような気がして気分が軽くなる。


     午後のactivity classの参加は任意と聞いたので、参加せず行き損ねたcoit towerとExprolatiriumに行く。

     coit towerは丘にあって、サンフランシスコの街を見渡せる所。地図を見ながら歩いていると高い塔を見つけたが、それは違う所で、受付で登れるかと聞いたらダメだと言われた。
    "Can I climb this tower?"は、日本語でも英語でも今でも変な気がする。行き方と他の名所を教えてもらって後にする。

     ほどなくcoit towerを見つける。先の塔は近代的な建物だったが、こちらはいかにも古そうなものだった。70年以上前に建てられたものらしい。建てられた当初からある古いエレベータで頂上まで上がった。眺めは大変良く、街の東端のBay Bridgeと北西端にあるGolden Gate Bridgeを見ることができる。街並みは京都のようにます目のような通りに建物がひしめいているが、ほとんどの建物が四角いせいかやけに整然としているような感じがする。
     ここでの場所の言い方は京都と同じく"東西の通りの名前" and "南北の通りの名前"で、斜めに走っている通りはほぼ無い。私のホストファミリーの家の場所は、"TARAVAL and 44th Ave"である。通りと通りの間は100mも無いので、これでかなり限定できる。


     次に向かったのはExprolatorium。科学の有名な現象を体験できる設備を多数揃えた博物館。日本では、浜松に同じような趣旨の施設があった記憶がある。施設の外見は厳かだったが中はいたってフランクで、そこら辺に道具や材料が散らかしっぱなしで設備を作っている現場まで見えるようになっている。

     始めは電気の現象を体験できる施設を多数見かけた。しかし、疲れが溜まっていたのであまり良く見て回れない。面白いもので、パチンコ玉を飛ばして平方根を求める計算器と、牛乳ビンのフタのような物を放り投げて円周率を計算できるもの。物理・数学を巧みに使っているようだ。平方根計算はなかなかの精度が出たが、円周率計算は22枚のチップの投げ方がまずかったのか2回とも全然近い値が出なかった。

     こういう施設なので、子供の来場者が多かった。


     その後、帰り道にJapan townに寄る。まずKabuki theaterという建物があった。中でやってるのは映画なのか舞台なのかは知らないが・・・なぜ歌舞伎?

     KINOKUNIYA buildingsの中の本屋に入ると、そこは紀伊国屋書店だった。1Fは大量のマンガ、もちろん日本語。2Fは実用書や1ヶ月遅れのマンガ雑誌、英語で書かれた日本文化の解説書も並んでいた。この大きな建物には複数のテナントが入っていて寿司屋・"近鉄"の文字が入った居酒屋・日本直輸入の食べ物系お土産を扱う店・アニメショップに、果てはコスプレイベントを主催するビデオショップまである。何と言うか呆気に取られて、最後に来て良かったような気がした。


     帰宅後、最後の夕食。その後荷物を片付けてホストファミリーと過ごす。いつも終わりに生徒の写真を撮っているそうだ。年金は彼らの母国であるフィリピンも日本と同じように大変だが、アメリカはまだ大丈夫なんだそうだ。
     ホストファーザーは退職前は大学の公認会計士(CPA)をしていて、マザーが受ける会計士の試験勉強を手伝っていた。おそらくここは裕福な方の家庭ではないかと思う。異国の人間を何回も下宿させるには、それなりの余裕が必要なはずだ。もちろん今回はペイイング ホームステイという形式なので、所定の食費・世話代は初めにホストファミリーへ払っている。
     お互いに写真を撮り合って、明日を迎える。いい加減寝坊はしたくない。
    記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


    11/08

    2007/11/12 05:38
     寝坊はする、レッスンきつい、淡い恋心は散る、お別れパーティではほとんど喋れない・・・散々な一日だった。


     レッスンの合間にこの前買ったマンガを見せながら話をしてみた。韓国・タイと国が変わってもオタクという言葉は知られていた。ところが同胞に完全否定されて撃沈。止めはハロウィンパーティの仮装だったに間違い無い。オタクはやはりマイノリティなんだなと再認識させられる。先生、サンフランシスコで現代の秋葉原文化を広めるのは無理っぽい・・・

     ここでのレッスンの厄介さは、まず英語がかなり聞けていないと、何をしているのすらわからなくなることだ。あと、日本のようにテキストの通りレッスンが進むのだが、一単元毎のページが多くてさらに順番通りに進まないので、予習のしようが無い。一週間では、生活とレッスンの流れを覚えるのが精一杯だ。自分でも何をしに来たのか疑いたくなる。2,3ヶ月は必要だ。

     N703iD(黄色)は他国の生徒に受けが良い。日本では奇抜と言われ続けてきたが(私が持っているからかもしれないが)、とても小さいとかスタイリッシュだそうだ。これで操作のまどろっこしさとメール作成がSH並にできれば文句は無い。


     今日もミッションはあったが、Level2クラスのトルコの生徒のお別れパーティがあるということで、飛び入り参加した。ミッションを追う単独行よりは、語学学習に来ている目的に適っているというもの。途中で乗ることになっていたバスの写真が撮れたので、これで一矢報いたということにしておこう。

     パーティでは、口が開かない。本当にこれで良いのか自分を疑うと、余計開かなくなる。元々集団行動は苦手だ。集まったメンバーは一人を除き7人とも違うクラスで面識が非常に薄かったというのもある。例の彼女もいたが同級生と仲良くなっていて入りこめる余裕は無し。様子をひたすら聞くがどこの話の輪に入っていけば良いのかわからず、磁気を狂わされて回転し続けるコンパスの針のよう。完全に見失っている。


     帰宅後、パーティーで食べてきたと言って夕飯を断る。誰かと過ごしていたことを喜んでいたよううだ。帰宅後ホストマザーと夕飯を食べた後、22時くらいにホストファーザーがジムから帰ってくるので、またダイニングに行って話しかけるようにしている。大体1時間半は話しているだろうか。これも練習のうち。ホストファーザーの帰宅は遅いので、話し掛けるのを2,3日ためらっていたが、話し掛けると次の日から帰宅したときに私の部屋まで来て声をかけてくれるようになった。

     彼らの話す英語は、日本の外国人講師よりもゆっくりしているので、何とか聞くことができる。


     そろそろ滞在が終わるので、ホストファミリーに何らかのプレゼントをしたい。今までのミッションで撮ってきた写真などを小さなアルバムにまとめることにした。デジカメで撮った写真は、近所の4ブロック先のスーパーでプリントできた。日本のセブンイレブンにある機械と同じような使い勝手だったので、簡単だった。

     昨日無かった代わりに今日はやたらホームワークが出ている。それと通学一週間目の質問票を埋めていたらかなり遅くなった。
     合間に辞書を見てみた。"振られる"はbreak heart。直訳は"心臓破り"だが、日本とはニュアンスが全然違う。breakはhave get takeのように多数の意味を持っている。日本ブレイク工業社歌で出てくるbreak outは"突破する"とか"打ち破る"。"out"が付く熟語は多いが、感覚で何となく分かるのかもしれない。"休憩する"とか"(プログラムを)中断する"の意味は未だピンと来ない。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/07(書き途中)

    2007/11/12 05:37
     水曜日。日本は木曜日。寝坊して急いで支度する。睡眠不足はかなり解消されたが、昨晩も彼女の事が気になって寝つきが悪い。かなり彼女の事を気に入ってるようだ。ホストマザーから貰った投票済シールを胸に貼りつけて出発。気付いたのはペイとジュン(韓国人)、ヴィクトルの3人だった。この"投票済"は英語と中国語、あとスペイン語で書かれていた。

     バスの中でPDAを使って書いている。寝坊もしたし余裕が出てきたか。今日のミッションはケーブルカーに乗ること。あと、この前十分に回れなかったチャイナタウンで何か食べてみたい。

     レッスンはやはり午後のディスカッションが厄介。相変わらず半分も分からない。昼食はこちらからどう声をかけたら良いのか分からない。一人"I idoit..."とごちる。3人で中国料理をテイクアウトして食べた。ここはスクール内では結構評判が良い。

     あと、モバイルツール。通学電車の中で見まわしてみると結構目に付く。おばあちゃんがWorkPadのようなもので電話帳を呼びだして電話、手書き(簡単なジェスチャで文字入力するアレ・・・忘れた)でメモっていた。スマートフォン(日本で言うと、ウィルコムのW-Zero3)も結構見かける。日本でこれをやったら、デキるビジネスマンかオタクのどっちかにしか見られないだろう。私がビジネスマンに見られたことは、まず無い。
     私はキーボードの付いている小さなノートパソコンの用なものでないと使いこなせないない。前者は前に試したが文字入力で諦めた。後者は食わず嫌い。無駄に大きな携帯電話と中途半端な機能のPDAを一体化させるのは、未だにナンセンスだと思う。

     今日のミッション。"ケーブルカーに乗ってFisherman's Wharfを見に行け"
     〜〜
     無事ミッションをこなして、ケーブルカーとバスを乗り継いでExprolatriumに向かったが津着と同時に閉館したorz その後GoldenGateBridgeへ歩いて向かう。時間にして30分あまり。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/06 2/2 Civic Centerを駆け回る

    2007/11/10 01:52
     買い物のあと、駅で別れてからミッション開始。Civic Centerで降りた後、目的の場所へ。たぶんアメリカだからなのだろうが、何もかもがとてつもなく大きい。離れても写真に収めきれない。どこを収めていいのか見当すら付かない。時間が足りなかったのでそこら中を走り回って探索・撮影を繰り返しす。中に入る余裕など無い。全ての生徒に言われていることだが、たった一週間の滞在はあまりにもったいな過ぎる。


     あとストリートライブ。英語で何と言うか知らない(良いのかよ?!)playing on streetとでも言うのだろうか。探したが見つからず。何か会ったら電話しろと番号を貰ったが電話を探しても見つからず。喫茶店で休憩ついでに聞いてみたら、意思の疎通に苦しんだ後、知らないと。さらに外は暗いし言葉の通じない旅行者にとってこの場所は危険だから帰れと言われた。アドバイスの通り帰ることにする。相手は中国系だったが、確かに言っていることも分からなかったし、言ったことも通じていなかった。帰り道、道に迷う。近付きたくない連中が増えて街の雰囲気が悪くなっていく。あのまま探し続けてトラブルに遭遇したら、為す術は無かっただろう。改めて自分は異邦人だと思い知らされた。

     帰りの地下鉄でホストマザーと合流。顛末を話したが、ストリートライブの事は私が勘違いしたようだ。やはりホールの中で行われていた無料コンサートの事を話していたらしい。安心したのか眠ってしまい、降車駅で彼女に起こされた。


     一緒に帰宅後、台所と自分の部屋・通路を掃き掃除。皿洗いだけではまだ足りないかなと思ったので。明日は階段をやろう。その後ホストマザーは市長選挙の投票に行った。
     夕食後、睡眠不足を解消するべくホームワークとシャワーの後すぐ寝るように言われたのでその通りこなして寝る。なぜこの日記があるのかは(略)。
     十数年ぶりに宿題を済ませた後考えた。朝昼学校、夜宿題。授業料や生活費は稼がなくて良くて、中高生の生活そのものである。英語学習としては最上級の環境ではないだろうか。あと、余計なものが無いので集中できる。私の部屋には余計なものが多過ぎる。

     今回の目的こそは英語の学習だが、自分を見つめ直して身の程を知る旅の要素も多く含まれている。ホストファミリーにとって私は娘と同齢の子供であるし、私にはホストファーザーは幼少の頃亡くした父の代わりでもある。子供時代をやり直しているような感じがする。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/06 1/2 眠い

    2007/11/10 01:51
     眠い。昨晩まとめて二日分書いた日記が効いている。10kBは結構な量だ。今日は11/6 火曜日か。今日のミッションは、Civic Centerで無料ライブを観てから、ある5ヶ所のターゲットの写真を撮る事。あと昨日の彼女を私だけでなく別の生徒とくっつけること。

     曜日はともかく日にちが良く分からない。今週から夏時間が終わって時差が一時間変わる。火・水・木・金、あと4日しかない・・・というか、滞在期間1週間なのだから当然ではある。土曜日から滞在が始まって時差ボケを治し、日曜日に基本的なことを体験して月曜日からのスクールに備える・・・済んでからようやく今回のスケジュールの計算高さに気がつく。土曜日・・・最後のレッスンの翌日に帰国するのも無駄が無い。

     昨晩書いていないことが一つ。このサンフランシスコについて。この街にはチャイナタウンと日本人町があることはホストファミリーから聞いていた。スクールのオリエンテーションの中で、これらの他にもスペイン人の集落などがあるという。様々な人種が集まっている街らしい。通学路にはハングルや中国語、カイロプラクティックの文字が入った看板の店が並ぶ。バス停の前の店は、韓国人の店主がやっている。どうもアジア人が多数集まっている地区のようだ。世界中(特にアジア)の人がホームステイしながら通うには適した街であると言える。

     朝になってクラス分け表が貼り出されていた。私はLevel3で、6段階のうちの下から2番目だった。彼女はLevel2で、Level1というのは無かった。
     レッスンは牛前そこそこ午後ボロボロ。語彙はあるが会話がさっぱり。講師が英単語を英語で説明するが、聞き取れないので分からない。アメリカでの実生活では、英語で知らない英単語の意味を教えてもらうのは当然だ。睡眠不足で頭が回らず泣きっ面に蜂。体調管理のまずさを反省させられることになった。
     昼に例の彼女の様子を見る。私と同クラスの日本人生徒も気にしていたが、うまくやっていた。ついでにタイの男生徒3人から質問攻めに遭っていた。国が違うと発音が違うので余計聞き取れない。合掌。ついでに書くと、私のクラスにいた同じタイの生徒の発音はきれいだった。ついでに顔もまともに見てられないくらいに。
     レッスン終了後、例の彼女とその友達とでトラベラーズチェックの換金へ。普通の銀行でやらなければならないのでやり取りが大変だが、滞在の長い生徒の助けを借りて換金。あと買い物。日本語解禁後に彼女の友達は関西人であることが判明。彼は不思議がっていたが、関西弁や九州弁は私や彼女のような標準語で育った人の一部からは感情豊かで温かみがあるので好まれている。
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    11/5 2/2 after school

    2007/11/09 01:52
     そして彼女と一緒に買い物へ。昨日マンガを買った隣駅のモールへと向かう。


     とりあえず電気関係ということでAT&Tへ行くが、予想通りに無い。たずねると店の名前と行き方、あと変換プラグは"converter"と言うことも教えてくれた。コンバータと聞くと、1トン前後の全く違うものを想像する。もう少し違う呼び方は無いのか。
     教えられた店を彼女と一緒に探すが見つからず。別の店で聞いてみると案内所に通されて違う店を教えてくれた。AT&Tで聞いた店はもう無いらしい。そこで無事に変換アダプタを購入できた。30ドルは幾分高いが仕方ない。彼女には勉強代と思ってもらおう。

     スクールを出てから1時間以上歩き通していたので、フードコートで休憩。しばらく話をする。もちろん英語。お互い他の生徒のように流暢に話せないで安心しているせいか、どんどん言葉が出てくる。まだ彼女はレッスンでも実戦でも、何かをたずねるために頻繁に使うclassroom englishもよく知らない。即席の先輩としてあやふやながら教える。KID's English(子供のようにへたっぴな英語)と評されても、しゃべらなければ何も始まらない。あと、彼女はるろうに剣心が大好きで、剣心(≠人斬り抜刀斎)がお気に入り。なんかこう・・・やったことが色々と役に立っている。私は弥彦・燕・操との掛け合いが好き。
     この間のやり取りは、先の契約外の状況(スクールの建物内では〜)であるにもかかわらず、100%英語でやった。彼女、なかなか頑張っている。次の服屋の後で、お礼の言葉を英語でもらった。

     その後、彼女がモールに来てすぐに目をつけていた服屋へ。サーファー御用達のブランドらしい。そこで私もバリエーションが少なかったのでシャツを一着購入。試着室は一度店員に断らないと鍵を開けてくれない。彼女は3着くらい持ってきていて、やはり年頃の女の子だ。彼女の会計のときにカードを出すとパスポートの提示を求められて一波乱があったが、いい経験になるだろう。初日からカードをホストファミリーの家に置いている私は現金払いしたが、まだ数日しか滞在していないのに両替してきた現金の2/3を使ってしまった。細かいものを買うためには現金が必要だ。
     もう5時を過ぎて日が落ちていたので、彼女に早く帰るよう促して別れた。男の私にも、ホストファミリーから夜は出歩くなと言われているので、今日の目的地であるチャイナタウンには、長居することはできない。


    画像 チャイナタウンはスクールから歩いて数分のところにある。ただ、日がだいぶ落ちているので私の緊張と警戒心はやや高まっている。ホストファミリーとした約束通り、写真を何枚か撮った。受動的な行動だが、右も左もわからない私に何らかの目的を提示してくれるのはありがたい。そこでサンフランシスコ全体の地形を昔風に描いた絵と赤でGolden Gate Bridgeが描かれたショットグラスを買って後にする。食べ物が安いそうだが、長居できないし帰ったらすぐ夕食になるので食べることはできなかった。


     帰り道にスーパーマーケットを見つけた。靴下と爪切りと髭剃りを持ってきていなかったので、寄り道して買ってきた。爪切りと髭剃りは配置がわからず、店員に場所をたずねた。こちらが質問に対して返ってくるであろう多量の早口言葉に怖気いても仕方ない。
    "Excuse me. I'm looking for nail clip and shavor...Where do you know?"
    (あのー、爪切りと髭剃りを探してますが、どこにあるか知りませんか?)
     あっさりした回答のあと、その場所まで連れてってくれた。後で電話のある場所も聞いた。ホストファミリーに帰りは7時までと約束していたのに遅くなることを伝えるためだ。コーリングカードを使って電話をかけたが、うかつにも今まで日本以外ににかけたことが無かったので、国内電話の仕方をよく知らなかった。2,3回失敗した後、ホストマザーに帰りが遅れることを伝えて帰宅する。今日は寝なかった。


     夕食。サッポロラーメンのようなラーメンと、しらすをピリ辛に炒めたものを頂いた。前者はスーパーで普通に手に入るらしい。後者はご飯といい具合に混ぜるとなかなか美味しい。美味しいと答えると嬉しそうに夫に話していたので、彼女達の母国であるフィリピンの郷土料理の一つだったのか。その後私は皿洗い。こうして何らかの家事をすることで、ホストファミリーの中に溶け込めるのだろう。与えられたホームワークをやるべく、ホストファミリーと生活するルールを彼女にたずねながらまとめた。ルールを"聞く"のではなくて"協議して決める"・・・上から型にはめられっ放しの私には馴染みの無いセンスだが、早く"協議"に慣れないと今後のレッスンに支障が出そうな気がする。

     ホームワークが終わって、次のミッションが彼女の口から告げられた。ある駅の周辺を6ヶ所回ってきて写真を撮ってこいと。昨日といい今日といい、わき道に逸れっ放しで、まだまともにこなした試しがないのだが、今度こそは大丈夫だろうか・・・
    記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


    続きを見る

    トップへ

    月別リンク

    何でもin!/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる